安全運転することは、全てのスキーバスの運転手に課せられていることです。尊い人命を乗せながら動物でも出せないほどのスピードで走行しているので、緊張感を持って運転しなければなりません。とは言え、スキーバスを運転しているのは紛れもなく人間です。時には判断を誤ってしまうことがあるので、集中していても何がしかの事態が発生することは大いに考えられます。

しかしながら、乗客が協力的になればスキーバスは安全運転を続けられます。乗客にできるのは、スキーバスの運転手から道中に通行する道路の名称を聞いておくことです。

序盤では大まかに説明が行われますが、更に深く知っておくに越したことはありません。
もしも道中で規定のルートを走っていないことが明らかであれば、事実を運転手に告げて走行場所が修正できます。

とりわけ深夜の走行では道に迷いやすくなるので、注意深く車窓の景色を眺めておくのが良いです。

All Aboutの情報が欲しい方必見です。

中盤あたりには、必ずと言っていいほどスキーバスは停車します。

運転手および乗客が休息を取るためです。

日帰りスキーの初心者も安心のわかりやすい情報を扱っています。

この時間にも、乗客にはできることがあります。


運転手と世間話することです。

初対面の人と話すことによって、脳が活性化して眠気を抑えられます。走行中には単調な景色ばかりを見ることになるので、睡魔に打ち勝つことが必要です。
積極的に話をすれば、程よい眠気覚ましになるというわけです。



車内にいる当事者が一致団結すれば、安全運転は成し遂げられます。